ハーブティー > Artichoke アーティチョーク

 

 

 

 

 

Artichoke

アーティチョーク


キーワード

消化促進

関連

肝臓の不調

 学名  Cynara scolymus
 分類  キク科チョウセンアゼミ属
 和名  チョウセンアザミ
 ティーに使用する部分  葉
 主要成分  フェノール酸、苦味質、フラボノイド配糖体、フィトステロール
 使用は控えるべき点

 キク科植物アレルギー体質は要注意。胆道閉鎖、胆石患者も使用は控える。

肝臓や消化器の働きを助ける

料理の食材として知られるハーブ。

古くはギリシア・リーマ時代から薬用のハーブとして使用されてきた。

葉にはシナリンという成分が含まれており、肝機能を高めたり、血中コレステロールを下げる効果があるとされている。

 

また、消化器の動きを向上させ、食欲不振を改善。

さらに、神経症の食欲不振にも効果があるとされている。

作用

消化促進、強肝、利胆

味と香り

香りには特徴はないが、強い苦味がある。

後味がすっきりとしていて、苦くてもおいしい。

飲み方

小さじ1、蒸らして5分。

注釈