ハーブティー > アーティチョーク

 

 

 

 

 

Artichoke

アーティチョーク


キーワード

消化器の改善 食欲不振

関連

 学名  Humulus Iupulus
 分類  クワ科カラハナソウ属
 和名  セイヨウカラハソウ
 ティーに使用する部分  毬花
 主要成分  精油、苦味質、フィトステロール※1、フラボノイド※2、アミノ酸、フムロン※3
 使用は控えるべき点

 うつ傾向のひとは飲用はしない

緊張や不安を和らげ、女性特有の病気に

ホップは、優れたホルモン作用と鎮静作用から、女性のためのハーブティーだと古来より言われている。

月経前症候群、更年期障害に加え、生理痛を和らげる働きがあるためだ。

これらの作用が中枢神経に働きかけ、緊張や不安を抑える。

ホップの苦味は、消化を促進するので、消化管に悩まされている人にも効果がある。

 

不眠に悩まされているのなら、フレッシュハーブがおすすめだ。

ホップの香りに癒されて、穏やかな眠りにつくだろう。

また、ホップを枕などにしても効果がある。

作用

鎮静、催眠、抗菌、利尿、鎮痛、ホルモン様、苦味建胃

味と香り

ホップ独特の香り。強い苦味と、かすかな甘み。

ビールのような後味が特徴。

飲み方

ホップの毬花を小さじ1をカップに注いだ熱湯に入れて5~7分間蒸らす。

はちみつを入れると飲みやすい。

就寝30分前に飲む。

 

乾燥花は、成分が変化しやすいので新しいうちに使用すること。

注釈


※1フィトステロール:

ステロールに分類される一群の化合物。食品添加物、医薬品・化粧品などの幅広い分野で活用されている。

※2フラボノイド:

天然に存在する有機化合物群で、植物二次代謝物の総称。いわゆるポリフェノール。

※3フムロン:

成熟ホップに含まれる苦味化学物質の一種。ビールに特徴的な苦味を与えている化合物。