メディカル > 歯科 > 歯周病

 

 

 

Periodontal Disease

歯周病


キーワード

歯周病とは?

歯の周りを支えている組織(歯肉・歯槽骨・歯根膜など)の病気で、主に2つの段階がある。

第一段階が「歯肉炎」で、歯肉の炎症またははれのことをいい、

歯肉炎をそのまま放置しておくと、症状が進行し、第二段階の「歯周炎」を引き起こす。

この段階になると、歯を支える歯槽骨も溶け始め、最後には歯が抜けてしまうこともある。

30歳以上の80%が歯周病といわれている。

また、喫煙は歯茎の血流を悪くし、歯周病の進行を早める。

歯周病の進行

①歯と歯茎の境目に付着した食べかすが歯垢となり細菌が繁殖、それが歯茎の炎症を引き起こす。

②歯茎が腫れ、ウミを持ち、歯と歯茎の間に溝(歯周ポケット)が生じ、深くなって歯槽骨も溶け始める。

③歯茎がやせて、歯が長くみえるようになり、歯がぐらぐらしてくる。歯茎を指で押すと血やウミが出る。

④最終的には抜けてしまうこともある。

他の臓器にも影響

歯周病は、ほとんど症状が出ない静止期と急速に進むとを繰り返しながら、数年単位で悪化する。

そのため、気づかずに悪化させてしまう人も多い。

歯周病は、細菌性の病気のため、その繁殖した細菌が血管に入り、血流にのって他の臓器に侵入するケースもある。

心疾患や糖尿病(糖尿病の治療として、歯周病の治療をしたら改善したという報告もある)と重大な病気も引きこ起こす。

放置はしたくない病気だ。

歯周病の治療

歯肉炎のうちであれば、歯磨きで歯垢を取り除けばほとんどが治る。

 

歯科医院では、主に2つの治療を行う。

 

●細菌がつきにくい口内環境作り

細菌は、唾液に流されないように、口の中にくっつく場所を求める。

ザラザラとしたところやでこぼこしたところを探す。

具体的には、ザラザラしたところ=歯石、でこぼこしたところ=銀歯やプラスチックのつめものなど。

つまりはばい菌がつきにくい口腔環境作りは、この2つに対して適切な処置をすることが必要となる。

 

歯石に対する処置について。

歯石とは、菌が古くなって化石となったものをいう。表面がとてもザラザラしており、ばい菌が付着しやすくなっている。

歯科医に行くと、歯石をとった方も多いだろう。

これは、歯石自体を取り除くことが目的なのではなく、歯石に細菌がつかにようにするために行う

 

銀歯やプラスチックなどの詰め物に対する処置について。

詰め物と歯との間に段差がある場合、そこは細菌が隠れる絶好のポイントとなるのでこの段差を細菌がつきにくいように平らにする処置を行う。

 

また、歯並びが悪い(歯磨きが行き届かない)が歯周病の原因となることもあるので、必要に応じて矯正も行う場合もある。

 

●歯茎の中に入り込んだ細菌の除去

歯茎の溝は、細菌が非常にたまりやすい場所であるため、この溝が深ければ細菌が隠れやすい口腔環境ともいえる。

この溝を歯周ポケットといい、この溝を浅くしていく作業が大切なポイントだといえる。

歯周ポケットに隠れた細菌・歯石を除去していくことが、歯周病の治療のメインといえる。

 

 

歯周病が進行し、重度の症状になっていた場合など、骨などにアプローチする手術もある。

また、噛む力を補強する治療(人口歯・インプラント)する必要がある場合も。

いずれにせよ、症状がなくても、3か月に1度歯科医にメンテナンスとして受診することをおすすめする。

ハーブティーで予防

ペパーミント:

ペパーミントは、強い抗菌作用があるので、口腔内の細菌にも作用が期待される。

爽やかなメンソールの香りは、口臭予防にも。

 

マルベリーリーフ:

細菌の炎症をおさえるには抵抗力が必要。

腸内細菌を高めるので、免疫力を高めてくれる。

食前に飲んで、細菌に打ち勝つ力を。

 

ジャーマンカモミール:

ジャーマンカモミールには炎症を引き起こす「ヒスタミン」を抑える働きが期待される。

また、「アスレン」という成分は消炎作用があるので口内の炎症にも効果も

【歯についてもっと知る】